FX手法検証

FXの手法検証第1回「NYボックス」の魅力に迫る

アメリカのFXコーチの中でも、もっとも有名とされるのが「ロブ・ブッカー」氏。

3億円もの資金を稼ぎ出した彼が考案したトレードテクニックは多数ありますが、勝率が一番高いのが「NYボックス」で、日本にも合った手法として紹介されています。

手法検証第一回目は、NYボックスを取り上げます。

NYボックスとは

NYボックスは、トレンドが発生しやすいNY市場の値動きとあわせてトレードを行う手法です。

NY時間の深夜0時から7時にあたる、NY市場が動き出す前の値動きの変化をキャッチし、トレンドの方向性を知ることで、順張りをして勝率をあげるトレード方法です。

取引開始は日本時間の午後8時からになるので、兼業トレーダーや副業の方、そして資産運用をお考えの主婦にも嬉しい時間帯。

チャートにずっとはりついている必要がない上に、明確なルールがあるので、初心者でも安心して取り入れやすい手法とされています。

また、通貨ペアを選ばないというのも人気の理由です。

NYボックスのルール

shutterstock_175219565

NYボックスでは「15分足」のチャートを使用し、アメリカが夏時間なら日本の午後1時と8時に縦の線を引き(画像の白線)、その間の高値と安値に横線を引きます(画像の黄色い線)。
冬時間の場合には、1時間遅くなり、午後2時から9時の所にラインを引きます。
この4本線で形成された四角い箱が「NYボックス」です。
為替レートがボックスの外に出たら、その方向についていき、上に抜けたら買い注文、下に抜けたら売り注文を入れます。

気をつけたいのが、終値が必ずボックスの外に抜けるまでエントリーをしないこと
15分足を基にしているので、チャートのチェックは、0分・15分・30分45分の計4回で、相場をずっと監視する必要がありません。

・エントリー後

エントリーを行ったら、損切りと利益確定の注文を入れることも大切です。

利益確定は約定レートからみて20pips、損切は30pips離れたところで行います。

ここでもし損切りに掛ってしまったら、逆の方向にエントリーします。

買いポジションなら「売り」で入り、売りポジションなら「買い」で入り、リベンジします。
これを、「リバーサルトレード」と呼びます。

こちらも損切は30pips離れたところで行います。

続きは…

NYボックスがどんなものか紹介しましたが如何でしたでしょうか。

初心者向けのNYボックスの手法検証、後半では、「NYボックスでトレンドを捕まえる!?」「NYボックスの問題点」などをご紹介します。

後半はメールマガジンでご案内しておりますので、気になる方は是非メルマガにご登録ください。

当サイトは他にも多彩な手法をご紹介していますので、サイト内の記事も参考になさってくださいね!

関連記事

  1. FXの手法検証第7回「トレンドフォロー」の魅力に迫る
  2. FXの手法検証第9回「ブレイクアウト」の魅力に迫る
  3. FXの手法検証第5回「デイトレード」の魅力に迫る
  4. FXの手法検証第3回「逆バリ」の魅力に迫る
  5. FXの手法検証第2回「2trendy(2トレ)」の魅力に迫る
  6. FXの自動売買ツールシステム検証「MT4」の魅力に迫る
  7. FXの手法検証第4回「ポジショントレード」の魅力に迫る
  8. FXの手法検証第8回「スキャルピング」の魅力に迫る

ランキング

初心者向けFX入門

FX手法検証

PAGE TOP