FX手法検証

FXの手法検証第2回「2trendy(2トレ)」の魅力に迫る

アメリカのカリスマトレーダーで、「NYボックス」を考案したロブ氏が、NYボックスの次に初心者にお勧めしている「2trendy(2トレ)」。

彼の開発した手法は、世界中で沢山のトレーダーに検証され、今も多くのトレードで活用されています。

2trendy(2トレ)とは

行き過ぎた相場は必ず元に戻る」という考え方をベースにし、4時間足と1時間足のチャートを活用するトレード法です。

相場のトレンドを読み分かりやすいラインを引くので、初心者でもエントリーや利益確定ポイントに悩むことはありません

一般的に逆張りは難しいとされていますが、2トレでは、1回目に失敗した場合、相場の行き過ぎが強まるので、2回目はさらに勝ちやすくなると言われています。

注意したいのが、ラインの引き方を間違えてしまうと、ルールの根底が崩れてしまいます

デイトレードの場合には、4時間足と1時間足のチャートではなく、1時間足と15分足のチャートを使用なさる方も多くいらっしゃいます。

兼業や副業のデイトレーダーで、トレードにあまり時間がかけられない方は、短いローソク足を使用するのがお勧めです。

2trendy(2トレ)のルール

00

4時間足のチャートでトレンドが出ているチャートを探し、安値と安値を結びます。

このラインのことを「ベースライン」と呼びます。(青い線)

次に1時間足に切り替えて、再度同じラインを引きます。

このラインのことを「エントリーライン」と呼びます。(赤い線)

チャート画面の切り替えを行うため、自分の引いたラインが画面を切り替えていても残っているツールを使うのがお勧めです

エントリーは、エントリーラインがベースラインよりも急角度になっていることがポイントです。

傾斜が急なトレンドラインを引くことができるタイミングを探してくださいね。

エントリーラインをはっきりと割ったら、ベースラインの方向にエントリーします。

利益確定のポイントは、ベースラインの所と、エントリーした瞬間にベースラインがあったところの2か所。

損切のポイントは、買いポジションなら直近安値の少し下、売りポジションなら直近高値の少し上になります

続きは…

2trendyがどんな手法かご紹介しましたが、いかがでしたか?

初心者向けの2trendyの手法検証、後半では、気になる「2trendy(2トレ)の難しさ」「2trendy(2トレ)の問題点」などをご紹介します。

後半は下記で登録ができるメールマガジンでご案内しております。

続きが気になる方は是非、メルマガにご登録ください。

当サイトは他にも多彩な手法をご紹介していますので、自分に合った手法をお探しの方は是非他の記事も参考になさってくださいね!

関連記事

  1. FXの手法検証第6回「スイングトレード」の魅力に迫る
  2. FXの手法検証第4回「ポジショントレード」の魅力に迫る
  3. FXの手法検証第3回「逆バリ」の魅力に迫る
  4. FXの手法検証第7回「トレンドフォロー」の魅力に迫る
  5. FXの手法検証第8回「スキャルピング」の魅力に迫る
  6. FXの手法検証第5回「デイトレード」の魅力に迫る
  7. FXの自動売買ツールシステム検証「MT4」の魅力に迫る
  8. FXの手法検証第9回「ブレイクアウト」の魅力に迫る

ランキング

初心者向けFX入門

FX手法検証

PAGE TOP