FX基礎知識

FXで生活する!専業トレーダーになるためには?

FX初心者の方は、まだFXで勝てなくて、元金が減ってしまう方も多いのではないでしょうか。

世の中には、FXだけで生活をしている「専業トレーダー」と呼ばれる人がいます。

普通の主婦やサラリーマンが、FXで生活資金を稼げるようになるなんてすごいですよね。

気になる専業トレーダーの生活や、どうしたら専業トレーダーになれるのかをご紹介します。

FXの専業トレーダーってどんな人?

FXの専業トレーダーとは、トレードの売買益だけで生活をする方のことを指します。

サラリーマンや自営業のように、FX以外の収入がある兼業トレーダーとの違いは、何といっても「真剣さ」です。

生活の保障がない分、FXのトレードでしっかりと利益をあげる必要があるのです。

専業トレーダーは、時間や場所を選ばずに取引ができるイメージがありますが、基本的には家のPC前でトレード画面を眺めて取引を行います。

複数のモニターを使用し、さまざま情報を総合して取引を行う方が多いからです。

デイトレーダーの生活とは

トレードスタイルによっても生活は変わりますが、基本はデイトレードで利益を上げている方が多いので、トレード画面をみている時間が長くなります。

また、日本と海外の時差があるので、基本的には市場が活発になる夕方の17時位から午前2時前位が一番忙しい時間帯になります。

これは、ロンドン市場やニューヨーク市場が開く時間だからです。

つまり、生活サイクルは安定しますが、一般的な人とは少しずれているといえます。

脱副業!デイトレードで生活する為に

shutterstock_260623829

専業トレーダーになるためには、FXの勉強が必要不可欠です。

FXは投資です。投資を成功させるためには、正しい知識が必要です。

「簡単に稼ぐ」ことを考えるのではなく、確実に元金を増やす方法を考えましょう。

FXには「手法」と呼ばれる、さまざまなセオリーがありますが、自分に合った手法をアレンジし精度をあげていくのが効果的です。

取引にかけることができる時間や、元手になる金額は人それぞれですが、専業トレーダーになる前に、まずは勝率をあげることが大切です。

専業トレーダーの家計

元金は多いに越したことはありませんが、最低でも1000万円以上はあったほうが安心です。

専業トレーダーは、国民保険で確定申告をして所得税の支払いをする必要があります

トレードの利益が年間400万円あったとしても、個人事業主の場合国民保険料だけで約48万円、扶養家族がいるとさらに増えますし、税金が20%もかかります。

その他に年金もあるので、手元に残るのは青色申告をしても約240万円。

勝率をあげ、元金を着実に増やしていかないと、デイトレードで生活をするのは厳しいといえます。

2012年からFXの税率は、一律20%(所得税15%+住民税5%)+復興特別所得税0.315%=20.315%になっています

おわりに

FXは、時間や場所に縛られないイメージがあり、巷では「簡単」と紹介されています。

けれども誰もが勝てる投資というのは存在しません。

専業トレーダーとして活躍している方の多くが、独学で勉強をするだけではなく、手法の検証を重ね、自分に合ったスタイルを構築しています。

当サイトでは手法の紹介もしておりますので、専業トレーダーを目指す方は是非ご一読ください。

関連記事

  1. 初心者にお勧めの通貨ペアとは!?通貨ペアの選び方
  2. 気になる!FXで得た収入にかかる税金とは
  3. 初心者向けの気になるFX用語解説
  4. 初心者向けFX解説!ゼロからはじめるFXでおさえたいポイント
  5. FXで絶対に勝つコツがある!?必勝法の落とし穴とは
  6. これだけは覚えておきたい!FXの注文法とは
  7. 初心者向けはどれ!?FXとその他の資産運用法の比較
  8. FXで負けないために!デモトレードを活用してリスクを回避

ランキング

初心者向けFX入門

FX手法検証

PAGE TOP