FXの手法検証第7回後編「トレンドフォロー」の問題点とは

トレンドフォローは初心者でも取り入れやすいFXの手法のひとつですが、一歩間違えると大きな損失に繋がる手法でもあります。

反発した相場を掴んで失敗しないためにも、エントリーポイントの選定にはくれぐれも注意する必要があります。

自分が好きなトレンドになんとなく乗るだけではなく、検証を重ねて勝率を上げましょう。

トレンドフォローで勝つために

トレンドフォローで勝つためには、テクニカル分析が重要です。

チャートをしっかりと見比べ、長時間のチャートのトレンドを掴みましょう。

また、エントリーは必ず計画的な損切りとセットにしないと、大きな損失を被ることがありますので注意してくださいね。

トレンドフォローの問題点

・エントリーのタイミングがはかりづらい

shutterstock_301683491_00

トレンドフォローでは、初心者の方は、エントリーのタイミングをはかりかねる方も多いです。

高値の更新と安値の更新を待ってから、エントリータイミングをおくらせてトレンドに乗るのがお勧め。

例えば上図の場合では、白い矢印ではなく、黄色い矢印のタイミングでエントリーを行うのがお勧めです。

初心者の方はトレンドがはっきりと出ていない相場では、エントリーをしない方が良いでしょう。

・「待つ」ことができない人は大きな損益を被ることもある

トレンドフォローでは、相場の動向を読み、上昇中のトレンドが少し戻した「押し目」や、下降中のトレンドが少し戻した「戻り」を待つことも大切なポイントです。

とはいえトレンドの流れを見誤って、天井や底でエントリーをしてしまうケースも珍しくありません。

・相場の検証

トレンドフォローは、トレンドに乗って利益を稼ぐ手法ですが、当然自分が利確をした後でも、相場は続いていくわけです。

「もう少しポジションを保っておけばもっと勝てたのに」

と後悔なさる方も多くいらっしゃいます。

けれども、欲をかいて深追いすると大きな損失が出ることも珍しくありません

相場の検証を行うのは手法解析の基本ですが、いつまでも後悔を引きずらないように、ポジティブに考えてくださいね!

おわりに

トレンドフォローは、一見簡単なように見えますが、初心者はエントリーポイントを見極めるのが難しく、損切りの設定も悩むところだと思います。

マイルールが確立するまで、デモトレードを繰り返すだけではなく、トータルで勝てる手法を考案することがFXで資産を増やす一番の近道です。

とはいえそんなに時間をかけずに資産運用をしたいものですよね。

そこで次回は、「スキャルピング」の検証を行います。

FXの手法でお悩みの方は是非チェックしてくださいね。

FX手法検証

PAGE TOP