属性別!FXがお勧めな人

公務員でもできる副業とは!?

公務員には副業禁止規定がありますが、実は許可を得る必要がない副業もあります。

「お小遣いをちょっと増やしたい」とか、「貯蓄をしたい」とお考えの方は、規定に抵触しない副業で稼いでみてはいかがでしょうか?

気になる公務員の副業禁止規定の中身と、どんな副業がお勧めなのかをご紹介します。

公務員の方は是非、参考になさってください。

公務員の副業禁止規定

公務員には、「副業禁止規定」という法律が存在しています。

このため、一般的なサラリーマンと異なり、公務員は原則として副業によって収入を得ることが禁止されています。

「副業」には、営利目的の会社の設立や報酬を得る事務、アルバイトなどが該当します。

国家公務員は国家公務員法第103条、地方公務員は地方公務員法第38条で副業禁止規定が定められているのです。

しかし、全てを禁止されているわけではなく、管轄庁の許可を受ければ副業が認められるとも。

つまり、副業は禁止ではなく「制限されている」ということなのです。

公務員が副業を制限されている理由は、公務員としての信用を守るため(信用失墜行為の禁止)と守秘義務違反を防ぐため(守秘義務)、さらに仕事に支障をきたさないため(職務専念の義務)とされています。

それぞれが法律によって厳しく規定されており、違反した場合は重い罰則が科せられることになります。

ただし、公務員のなかでも、国会議員や地方議員は副業禁止規定から除外されているそうです。

ネットビジネスは「副業」可能!

shutterstock_89973283

副業が制限されている公務員でも、ネットビジネスで収入を得ることが可能となります。公務員の副業禁止規定では、「営利性の乏しい活動」に対しては、許可なく認められる副業があるからです。

公務員の副業が認められるのは、小規模な農林水産業や不動産賃貸業、宗教活動による収入に加えてFX投資を含めた貯蓄や資産運用に関する収入と規定されています。

つまり、公務員としての業務に支障が出なければ、これらの副業を許可を得ずに行うことも可能です。

業務時間内に副業をすることは「職務専念の義務」の違反となりますが、職務時間外であれば問題はないといえますね。

ネットビジネスは、公務員として空いた時間を有効活用できる副業といえます。

FXは投資なので公務員でも大丈夫

数多くあるネットビジネスのなかでも、最も注目したいのがFXです。

公務員の「副業禁止規定」に抵触しない投資として注目を集めています。

FXとは、Foreign Exchangeの略で「外国為替証拠金取引」のこと

外国為替を交換・売買し、差額の利益を得る投資方法です。

24時間取引が可能で、少額から投資できるので、お小遣いを運用することも可能です。

PCやスマホから簡単にアクセスでき、空いた時間を有効に使えるFX。

本業に支障をきたすことがないように注意すれば、公務員にとって最適な副業といえそうですね。

おわりに

公務員とはいえ、やはりお子さんの学費や老後の為にしっかりと貯蓄はしておきたいもの。

許可を得る副業にあたらないFXなら、安心して資産運用を行うことができます。

スマートフォンやタブレットに対応している業者を使えば、24時間何処でも気軽に取引をすることが可能です。

当サイトでは、FX初心者向けの解説だけではなく、FXの口座開設や各業者の紹介もしておりますので、是非参考になさってくださいね。

関連記事

  1. 在宅でOK!主婦にお勧めの、空き時間を活用できるFXとは?
  2. 退職金の資産運用にFXがお勧めな理由とは?
  3. 副業禁止の上場企業でも、賢く資産運用が可能なFX!
  4. サラリーマンのお小遣いの効果的な増やし方とは?

ランキング

初心者向けFX入門

FX手法検証

PAGE TOP