FX初心者

気になる!FXで得た収入にかかる税金とは

FXで一定の利益をあげた場合、「確定申告」をする必要があります。

確定申告は申告の期間が定められているだけではなく、申告方法や税金の納付方法も選択することができます。

そこで今回は、初心者がおさえておきたいFX関係の税金の申告方法と支払い方法をご紹介します。

確定申告時期に慌てないで済むように、参考になさってください。

FXの収入はどう申告すればいいの?

確定申告の場所

確定申告は最寄りの税務署または、申告書をWEB上で作成して電子申請もしくは送付で申告を行います。

確定申告の期間

確定申告では、毎年2月16日~3月15日までの間に、前年度の税金に関する申告を行います。

申告の期日が土日祝の場合には、繰り下げで期日が延期されます。

FXで申告が必要な人とは?

会社員の場合

FXは「雑所得」として扱われ、年間給与が2000万円以下のサラリーマンの場合、20万円以上の雑所得がない場合には申告をする必要はありません。

ただし住民税の確定申告が別途必要になり、それを申告することで会社に副業がばれてしまうケースも少なくありません。

「副業禁止規定」がある会社でも、資産運用は副業にあたりませんので、FXが副業としてとがめられる心配はありません。

主婦や学生そして年金生活者の場合

基本的にはサラリーマンと変わりませんが、主婦の場合注意したいのが扶養控除です。

雑所得を含めた収入が年間103万円を超えてしまうと、給与にも所得税がかかるようになってしまいます。

また年収が年間130万円を超えると、扶養から外れてしまうので注意が必要です。

年金受給者の場合、退職金を元手にFXで資産運用をするケースが多いですが、年金収入が400万円以下かつ雑所得が年間20万円以下であれば、確定申告をする必要はありません。

自営業の場合

自営業の方の場合、FXでの利益が「雑所得」ではなく「事業収入」に認定されるケースがあります。

この場合には、書籍代やセミナー代などFX関連の出費のほか、地代家賃や光熱費の一部が「必要経費」として認められるケースが多くあります。

ケースバイケースのことが多いので、詳しくは最寄りの税務署で相談をしてみてくださいね。

税金の納付方法

確定申告で申告を行った税金は、指定期日までに納付する必要があります。

支払いの期限は基本的に3月中旬を指定されるケースが多いので、慌てないように準備をしておいてくださいね。

  1. 指定口座からの引き落としを行う「振替納税
  2. 税務署などの窓口で納付をする「窓口納税
  3. 納付税額が30万円以下の場合には「コンビニ納税
  4. インターネット上で納付ができる「e-Tax

上記の4つの方法から納付法を選ぶことができます。

おわりに

確定申告の相談は、確定申告の期間が始まってしまうと非常に込み合います。

分からないことがある方は是非、確定申告の期間が始まる前に無料相談を利用してくださいね。

提出に必要な書類は、収入の形態によって異なりますので必ず確認しておきましょう。

また、各自治体では税理士の無料相談を定期的に行っていますので、こちらもあわせてご活用ください。

関連記事

  1. FXで負けないために!デモトレードを活用してリスクを回避
  2. FXで生活する!専業トレーダーになるためには?
  3. FXで絶対に勝つコツがある!?必勝法の落とし穴とは
  4. 初心者向けはどれ!?FXとその他の資産運用法の比較
  5. 初心者にお勧めの通貨ペアとは!?通貨ペアの選び方
  6. 初心者向けの気になるFX用語解説
  7. 初心者向けFX解説!ゼロからはじめるFXでおさえたいポイント
  8. これだけは覚えておきたい!FXの注文法とは

ランキング

初心者向けFX入門

FX手法検証

PAGE TOP